気管支喘息の原因には『環境因子』『遺伝的素因』が関係していると言われています。

しかし、これは予測の範囲でしかなく、中心的役割を担う遺伝子や環境因子は、今だに判明していないのが実状なようです。

そして、気管支喘息の原因とされるのがマスト細胞と好酸球だといわれております。

両者の原因要素により、気道の炎症が起こり、発作を引き起こすという事ですね。

気管支喘息は原因となる細胞により、発作を引き起こす訳ですが、アトピー側と非アトピー型により、症状に違いあります。

気管支喘息では小児喘息の90%、成人喘息の50%が、アレルギーが関与していると言われているのですが、アトピー性は合併症として、アトピー性皮膚炎や鼻炎の症状も見られると言います。

喘息に加えて、アトピーによる辛い症状が現れるのは物凄く辛いでしょうね。

ちなみに、非アトピー型は、アトピーの合併症状がない気管支喘息ですが、発症者が多く存在しているのは40歳以上の人らしいです。

アトピー型でも非アトピー型でも、安易な処置はしてはいけませんので、発作が起きたのであれば早急な改善策が必要になります。

喘息の発作が引き起こされると「ひぃーひぃー」というように、吐く息の延長音が鳴り響いたりします。

やはり、この症状に陥ると物凄く苦しいですし、すぐに病院へ行く必要があります。

喘息の発作の著しい悪化では、気流閉塞が高度になっているかと思いますので、危険な状態だと言えますでしょう。

万が一に備えて、医師から処方された呼吸器を持参しておくと助かりますが、病院へ向う事を拒まないようにしてください。

得に小児を持つお母さんやお父さんは、安易に考えないようにして下さいね。

おそらく、喘息は遺伝的な要因も関係しているので、父・母のどちらかが同じ持病を持ち合わせている事もあるかと思います。

苦しみがわからない側の親は得に、小児の苦しさを察してあげて、なるべく早い改善策を整えてあげましょう。