慢性気管支炎とは気管支炎が悪化した状態の事を指します。

病気にかかった際に呼吸の困難を示し、時に咳を発するようにもなります。

その原因は今だに不明な点が多いそうなのですが、ウイルスなどから感染したり、急性気管支炎から感染する場合もあるそうです。

気管支というは、体に取り込んだ異物を出す機関なのですが、微生物などの感染により気管支に炎症が発生した状態を言います。

気管支炎の原因とされるものはアレルギーや喘息や大気汚染です。

気管支炎が理由となって、慢性気管支炎に落ちいるのは注意したいところですね。

また、もう少し原因を紐解いてくと、アレルギーでは肥料やカビ、植物の花粉や粉塵などが原因になるらしく、心臓の機能性にも問題を発する事もあるそうなのです。

仮にもしも、慢性気管支炎の疑いがあるのであれば、医師による血液検査や気管洗浄液による、対策が必要となるでしょう。

また、日常生活においても禁煙や禁酒は心がけた方が良いかと思います。

咳や痰の量は禁煙や禁酒をするだけでも、明らかな減少が見られますし、慢気管支炎の予防にもきっと繋がるかと思います。

また、薬による対策としては『β2刺激薬』 『抗コリン薬』 『キサンチン製剤』が有効であります。

β2刺激薬は発作止めに使われる薬で抗コリン薬は、先ほどのB2刺激薬と比べれウイルスと気管支の拡張作用は弱い一方で、副作用の少ない薬です。

そして、キサンチン製剤は、歴史の長い薬で吸入ステロイドが出るまで主流だった物です。

キサンチン製剤に含まれるテオフィリンは弱いですが抗炎症作用・気管支拡張の効果を期待できる代物です。

ただ、副作用として手の振るえや動機を起こす可能性もありますので、利用時にはご理解をするようにしましょう。

これらの薬を服用して、慢性気管支炎に役立たせる事は健康において基本的な事でありますからね。

気になるようでしたら、医師を受診の際に色々な薬に対する質問をしてみても良いでしょう。