気管支炎とは、気管支に炎症を起こしてしまう病気でありますが、急性的に起きる場合には、ウイルスやマイコプラズマの感染症に寄るモノらしいです。

ちなみに、マイコプラズマというのは、ウイルスよりも大きいが細菌よりも小さい病原菌ではあり、少々変わったものを言います。

気管支炎が慢性化のものであると、長くて数ヶ月程症状が現れる場合もあります。

その原因は下記の通りです。

百日咳
抗酸菌
緑膿菌
副鼻腔気管支症候群
びまん性汎細気管支炎
喫煙に伴う慢性気管支

百日咳は百日咳菌という細菌が原因として起きる病気であり、年齢関係なくして症状が現れます。

日本では1981年頃から、世界よりも早くから副反応の少ないワクチンが開発されました。

抗酸菌は結核菌(結核の原因になる細菌)を含むマイコバクテリウム属の細菌グループの総称。

緑膿菌は健康な人に感染する事がない一方で、免疫力が宜しくない人には感染してしまう細菌の一種であります。

この3種類は菌類であり、気管支炎の原因になりますので、注意が必要です。

『副鼻腔気管支症候群』は睡眠時に鼻水が気管支に入り、気管支炎を起こす事、『びまん性汎細気管支炎』は呼吸細気管支に慢性的な炎症が起きる事、『喫煙』に関して言えば、言うまでもなくタバコを吸う事でありますね。

いずれも気管支炎の原因になるのであれば、日ごろから感染したり、症状が出たらすぐにでも医師にかかる心がけが必要になると言えます。
病院で行なう検査方法には『胸部X線検査』 『血液検査』 『喀痰検』 『喀痰検査』などがあります。

『胸部X線検査』はX線検査の中で最も簡単なモノであり、体を通過するX線を両面から撮影して診断します。

幅広く使われている検査方法であり、検査経験がある人もいらっしゃるかもしれませんね。

『血液検査』に関していえば説明不要ですので割愛して、喀痰検査は痰の検査であり、量や色や性状などを調べます。

細菌による感染が見られる場合には膿性が見られるようで、気管支の健康状態を確認するようですね。

気管支炎には大きく分けて『急性気管支炎』と『慢性気管支炎』に別れるのですが、急性気管支炎では対症療法を中心に行い、適応する薬の服用をして栄養補給や体調管理に気をつけて安静するのが良いのです。

慢性気管支炎に関していえば喀痰検査を行なった上で、適応する薬を服用すると良いでしょうね。